イングリッシュ・ナウ校長が、考える事、思う事

一生の贈り物

2014年11月26日 Posted by Makoto Iimura

子供たちへの、一生のうちで最大最高の贈り物。                                                                                        決して壊れることのない、古くなって使えなくなってしまうものでない、食べてなくなってしまうものではない贈り物。一生その子と共にあり、その子が成長し、しっかりと生きていくため、常に大きな支えとなる贈り物。英語を日本語のように自由に使うことが出来る能力。この能力を、小さい子供たちへの一生の贈り物として贈りたい。

そして忘れてならないことは、この “ 一生の贈り物 ” 作りは、今しかできない(“能力作りは今しかできない”)ということなのです。“今しかできない(待ったなし)”、これを思うとき、この能力作りに、ちょっとだけでも手抜きがあってはいけないし、妥協・諦めがあっては決してならないと、気持ちが強く引き締まる思いがいたします。(お父さん、お母さん達、宜しくお願いをいたします。勿論、私たちも全力で頑張ります!)

出来るようになったものを追いかけてあげる

2014年10月19日 Posted by Makoto Iimura

幼児が出来るようになったものに気づいてあげる。そして、褒めてあげる。そして、それが更に上手に出来るように手をさしのべる。気づかれないようにしながら…。無理やりでなく、うま~く、そうなるように環境を整えてあげる、準備してあげる。それをやる回数を増やせるようにしてあげる。出来るだけ自然で楽しく。これが(能力を)育てる要(そう思うのです)。

直さない指導法

2014年09月20日 Posted by Makoto Iimura

イングリッシュ・ナウでは“ 直さない ”(?)。正しく、はっきりと聞こえてくれば(聞こえれば)、その音は聞こえたように出てくる。同じように出てこないのは(言えないのは)、そのように聞こえていないからなのです。頭の中に入る音の量が足りないのです。その音が頭の中にしっかりと定着していないからなのです(個々の発音やIntonationなども含めて)。

イングリッシュ・ナウの指導法は、聞こえるように “お手伝いするだけ” の指導法。耳の生命力に任せ切り、耳を育てる。育てつつ、育ちを待つ。イングリッシュ・ナウの指導法は、自の力で直すことが出来るように “(内緒で)お手伝いをする” 指導法なのです。

お手伝い

2014年08月23日 Posted by Makoto Iimura

その子の今を生きようとする、その子の “いのち” を育てる。私たちが、まず相対すべき相手は、“英語” とか、“ピアノ” とかではなく、今を一生懸命に生きて、生きようとしている、その子の “いのち” そのものだと思うのです。そして、その子の “いのち” が元気であるようにお手伝いをする。その子の “いのち” が、その子の能力を作っているのだから…。“いのち” が元気でないと、うまく能力を作ってくれない(英語でも、ピアノでも、何でも…)

“いのち” を育てる”、なんていう、偉そうなことではなく、その子の “いのち” と一体とならせてもらう。なれるように努力する。近道をして、先回りしようとはせずに、その子の “今のいのち” とずれないように行く。チョット先へ行ったとしても、ほんの1mm、2mm程度でいい。ぴったりとくっついて、相手に気づかれないように、後ろからそ~っと、柔らかく、押している感じがいい。生命力に任せ切った指導法とはこんな感じなんだな~、と思うのです。

本当の味

2014年07月27日 Posted by Makoto Iimura

“指導マニュアル通りにやらなければならない” と、決められた通りの教え方を大切にするあまりに、目の前の相手(子ども、子供たち)を見ずの指導があってはならないと思う(当たり前の話ではあるが…)。私は、たとえ、教え方が“マニュアル”通りではない時があっても、子供たちとの、その瞬間のやり取り(子供たちとの“一体感”)を楽しみながら進められるようになりたいと願っています。いつでも、どんな環境・状況でも、自分次第で作り出すことの出来る、この子供たちとの“一体感”。この“一体感”という“指導の味”を楽しみながら指導が出来るようになりたいと願っています。理屈ではなく。子供たちと一緒にいて、“あ~、楽しいな~”と感じる瞬間、“ありがたいご褒美”(指導の本当の“味”)を子供たちから頂いているような感じがします。常に“ありがたいご褒美”を頂きながら指導が出来る人になりたいなと思います。

Page 10 of 25« First...89101112...20...Last »