先生の “ 質の良さ” って、何?

2018年12月25日 Posted by Makoto Iimura

よく指導の “ 質”とか、先生の “ 質”とか、と言う。どの先生も、同じ一つのことが、みんな同じ“ 質レベル” でやれるように練習、準備をする。でも、結果、どこか違う。やっぱり違う。子供たちの気持ちを引き付ける力が違う。

何が違いをつくるんだろう?たぶん、最終的なところは、その先生の〝子供たちの為に!” と思う気持ちの強さ、〝 伝えよう!” とする気持ちの強さ(一生懸命さ)の違い、そして、それを表現するエネルギーの違いの結果だなと思うのです。この違いが、指導の “ 質” をよくし、先生の “ 質” をよくする、大事な源(みなもと)になる、と思うのです(勿論、常に、子供たちのパワー、協力を得ながら…)。

イングリッシュナウ、こんな人たち(先生たち)の集まりでありたい!