Date:9月2017

小学生の「お家で毎日」、定着させたい!

2017年09月25日 Posted by Makoto Iimura

塾の勉強、諸々の習い事に英語が “負けて” しまう。時間が無くなり、結局、英語が切り捨てられてしまう。切り捨てられてしまっている。最初に…。

やれば出来るようになる。誰でも、どんな子でも、やれば出来るようになる。やれば…。やらないから、出来ないだけ。それも、(もし)、毎日やるとなったら、それはそれは、どの子も、どんな子も、“天才的能力”を発揮するようになる。これは事実。分かっている。

なぜ、この “分かっていること” を、私たちはそうやらせてあげられてないのか。この “わかっていること” を、その指導法(「お家で毎日」やること)が、定着していない。イングリッシュ・ナウの責任者として、子ども達に(そして、親御さんに)申し訳なく思う。

「お家で毎日」があれば、英語を身につけることは、なんと楽なことか!子供達の “何が何でも生きていこう!” とする生命の力が英語というものを取り込んで、身につけさせてくれる。本人も知らないうちに…。子供達の、この “何が何でも生きていこう!” とする、生命力に訴える為にも、「毎日の刺激」が必須。不可欠。「毎日」、これなくしては、楽には身につけさせてくれない。苦痛になる。

あぁ~、小学生になっても、様々な習い事に負けないで、お家で毎日、しっかりと英語の時間がとれるようにしてあげるには(その大切さを実感してもらうには)どうすしたらよいか、私たちの力、真剣さが試されている。

私達は、小学生になっても、この「お家で毎日」の事実・大切さを伝え、このことが各家庭で(親御さんの大納得のもと)、行われている日常を作り上げていきたい!!私達は、そんな遠い先の話ではなく、この「お家で毎日」の事実が各家庭の中で、当たり前のように行われている状況をつくります!

Page 1 of 11